Webライターとして仕事する上で大切にしていること

Webライターの心構え
モノカキ
モノカキあるある

同じ文末表現の繰り返しが気になるのに、ビジネスメールが「~ます。」になりまくるジレンマ。

書くゴリラ
ゴリラあるある

どうも、ライターあ・・・ってどゆこと?

モノカキ
モノカキ

こういうこと↓

いつも大変お世話になっております。
ご依頼いただいておりました記事が完成しましたのでお送りします。
請求書を添付しておりますので、併せてご確認のほど何卒よろしくお願いいたします。
来月も引き続きよろしくお願いいたします。

モノカキ
モノカキ

的な。シェキナベイベー。

書くゴリラ
書くゴリラ

なるほどね。

ライターとして大切にしてること

ナカシマユウタ
ナカシマユウタ

今日のテーマはこれでお願いします。

モノカキ
モノカキ

はーい。

書くゴリラ
書くゴリラ

承りました。

モノカキ
モノカキ

とは言ったものの、

書くゴリラ
書くゴリラ

ものの?

モノカキ
モノカキ

んなもんあったかな・・・

書くゴリラ
書くゴリラ

(大丈夫かこいつ・・・。)

モノカキ
モノカキ

この2点で行きますかね。

・書くときに大切にしていること
・社会人として大切にしていること

書くゴリラ
書くゴリラ

2つ目はライターと関連性薄そうだけど?

モノカキ
モノカキ

「書くのが仕事」という職業ならではの大切にしていることって感じ。

書くゴリラ
書くゴリラ

ほ~ん。じゃあ1つ目からお願いします。

書くときに大切にしていること

モノカキ
モノカキ

んじゃ、こっちからね。

前提として、わたしは「〇〇ライター」のようにジャンルを特化して仕事をお受けしているわけではありません。広く浅くやっています。

モノカキ
モノカキ

強みがないのが強みだと、強がりを言っておきます。

書くゴリラ
書くゴリラ

ホントに強がりだな。。

モノカキ
モノカキ

1つ目は「知識ゼロでも分かるようにすること」

サイトにたどりついた人は、知りたいことがあるからたどりついているはずです。つまり「分からないことがある」わけです。

モノカキ
モノカキ

じゃあ、分かるように書かんとね。と。

サイトに来て「?」が増えては意味がないし。

書くゴリラ
書くゴリラ

「分かりやすく書く」ではなく?

モノカキ
モノカキ

違う。丁寧に書くってのは前提でしょ。

モノカキ
モノカキ

説明すべきことをサボらず説明するというか。

モノカキ
モノカキ

たとえばさ、今日住宅ローンの記事書いてて「団体信用生命保険料」ってワードが出てきたんだけど、どういうのか分かる?

書くゴリラ
書くゴリラ

いんやさっぱり。生命保険と住宅ローンにどう関係が?しかも団体?

モノカキ
モノカキ

そうでしょ。それなのに俺が記事の中でいきなり「この住宅ローンは、団体信用生命保険料は無料です。」って書いても、どういったものが無料なのか謎じゃん。

モノカキ
モノカキ

そういうのはちゃんと説明しないといかんじゃろってこと。

モノカキ
モノカキ

たとえ同じサイトの別の記事で説明してたとしても、その記事を見てくれるかは分からんから、記事ごとに説明がいると思うのよね。

書くゴリラ
書くゴリラ

そういや、そんなこと↓の記事でも言ってたな。

「分かんないから分かるように書ける話」と卒業式の「ズッ友宣言」
キャリアなし、実績なしのライターはどうやって生き残るのか。そして卒業シーズンのズッ友について。
モノカキ
モノカキ

うん、俺もしゃべってて気づいたわ。「前にも言ったわ」って。

モノカキ
モノカキ

要は、誰かが同じテーマで記事書くときに俺の書いた記事が参考サイトになれるようにって感じかな?

書くゴリラ
書くゴリラ

1つ目は「知識ゼロでも分かるようにすること」って言ってたけど、2つ目あんの?

モノカキ
モノカキ

何かあったんだけどド忘れしました。思い出したらまたいつか。

書くゴリラ
書くゴリラ

じゃあ次のテーマいこ。

社会人として大切にしていること

モノカキ
モノカキ

納期を守る、連絡をきちんとするとかを除いた、ライターならではのものを言います。

書くゴリラ
書くゴリラ

はい、どうぞ。

モノカキ
モノカキ

「できないことをできないと言う」これです。

モノカキ
モノカキ

書けそうにないことを依頼されても受けない。とも言える。

書くゴリラ
書くゴリラ

もうちょい詳しく。

 

モノカキ
モノカキ

クライアントとすり合わせをしっかりするってことかな。

モノカキ
モノカキ

たとえばさ、さっきの住宅ローンの話で言うと、「住宅ローン組んだことない人向けの基礎知識」については調べて書けるけど、

モノカキ
モノカキ

ファイナンシャルプランナーや不動産業者でも見落としがちなことを書いてください!ってのは無理じゃん。

書くゴリラ
書くゴリラ

そりゃそうだな。モノカキはどっちでもないわけだし。そういう人と仕事をした経験もないし。

モノカキ
モノカキ

まぁ、無理よね。もし書いてもうっすいのができるでしょう。

モノカキ
モノカキ

もうちょい身近な例で言うと「旨い漬物のつけ方!」とかも難しいだろうね。

書くゴリラ
書くゴリラ

なんか調べりゃいけそうだけど?

モノカキ
モノカキ

説得力がついてこないよね。仮に正しいことを調べて書いたとしても。

モノカキ
モノカキ

漬物作ったことないもん俺。

逆に漬け物名人に話を聞けば、書けるだろうね。

書くゴリラ
書くゴリラ

さっきの住宅ローンの基礎知識だって、モノカキは不動産業界の経験がないんだからダメなんじゃない?

モノカキ
モノカキ

それはね、事実やデータを調べて書く作業だからできるのよ。

新聞やニュースの内容を小学生に説明するような感じ?

モノカキ
モノカキ

たとえばだけど、日本の人口の推移がどうなってきたかって記事は、役所の人や少子化担当大臣でなくても書けるでしょ。データを文章にするわけだから。

書くゴリラ
書くゴリラ

なるほど。逆に人によって捉え方が変わるようなものは書きづらいってことか。

モノカキ
モノカキ

経験がものを言うやつは難しいってこと。

モノカキ
モノカキ

ぶっちゃけ実体験が一番強いのよ。

書くゴリラ
書くゴリラ

経験がないなら、広く浅くにせざるを得ないってことか。

モノカキ
モノカキ

そういうことです。

モノカキ
モノカキ

まぁ、説得力は経験に比例するけど、文章力とは別だから、そっちにも道はあるよね。

モノカキ
モノカキ

ちょっと長くなったが、まとめるとこう↓

・クライアントが誰に向けたどんな記事を求めているかをきちんと確認する
・プロに向けた記事なら、自分は適任者ではないと伝える
・プロが書いた記事を、より一般レベルに分かりやすく書くのはできるので依頼が来たら受ける

モノカキ
モノカキ

3つ目のやつは、インタビューも同じだと思う。多分。

書くゴリラ
書くゴリラ

インタビューされる側は、書くプロじゃないってことよね。もちろんしゃべりのプロでもないんだけど。

モノカキ
モノカキ

インタビューする人はすごい。書くだけでなく、聞くプロでもあるわけだから。

おまけ

書くゴリラ
書くゴリラ

最近まともな内容が多いことに我ながら満足感を覚えている。

読むブタ
読むブタ

よかったっすね♪ゴリさん♪

読むブタ
読むブタ

もしかして今回ノーおふざけだったんじゃないですか?

書くゴリラ
書くゴリラ

えっ?マジ?

書くゴリラ
書くゴリラ

・・・まぁ、今回はおふざけなしと言ってもいいかな。

書くゴリラ
書くゴリラ

それはそれで・・・

読むブタ
読むブタ

「もうちょっとふざけたい。もうちょっとモノカキさんにツッコミたい」っていう複雑な乙女心ですね♪

書くゴリラ
書くゴリラ

心を読むんじゃねぇ!あと、乙女じゃないから!

読むブタ
読むブタ

乙女じゃなくて、もう立派なレディですもんね♪失礼しました♪

書くゴリラ
書くゴリラ

そういう意味じゃねぇよ!

読むブタ
読むブタ

で、このオマケのオチどうするんすか?

書くゴリラ
書くゴリラ

今ぎりぎりオチてたんだよ!ぶり返してくんな!

読むブタ
読むブタ

おかしいな。ゴリさんにもらった台本通りやったのに・・・。

書くゴリラ
書くゴリラ

そういうこと言っちゃダメなの!本番中だから!

読むブタ
読むブタ

まぁまぁ、次がんばりゃいいじゃないすか♪

書くゴリラ
書くゴリラ

・・・。

コメント

タイトルとURLをコピーしました