Webライターになる前に知っておいた方がよいことと実際にやったこと

Webライターの心構え

webライターは誰でもなれる仕事。しかし、誰でも稼げる仕事ではない。

ライティング一本で生活できるようになるには、時間がかかる。今回は、ライターになる前に知っておいた方がよいことをお伝えしたい。

Webライターはすぐ稼げるようにはならない

わたしが初めてライターとして依頼を受けた仕事は文字単価0.2円だった。2,000字程度のものを6記事ほど書いたような記憶がある。

記事に対するフィードバックがとても好感触だったので、依頼された記事が完了したあと「単価1円交渉」をしたら、即お断りされた。

Twitterを初めとした巷では「独立半年で月収50万円達成しました!」みたいなのが散見されるが、これはよっぽど戦略を立ててやっている人、もしくはとても運がよかった人だろう。

そういった情報につられて「webライターって稼げるんだ」と安易な解釈をして勢いで独立するのはおすすめできない。なぜならわたしが「勢いで独立したクチ」だからだ。

すぐ稼げるようにはならない。これを覚えておいてほしい。稼げるというのは「生活できるようになる」と言い換えてもいい。誰でもなれる分、果てしない実力の世界が広がっている。

勢いで独立しない

わたしが独立を決めたのは、以前の記事でも書いた通り、「会社で働いていくことに希望が見いだせなくなったから」だ。詳しくは以下の記事を参照してほしい。

わたしがライターをやる理由~モノカキ編~
このサイトの運営者の一人、モノカキがライターを選んだ理由について書いてます。ライターになるにはセンスが必要?稼げるの?なんてことについて述べてます。

会社で働くことに嫌気がさして、早く辞めたくて仕方なかった。その決断を後悔はしていないが、決しておすすめできるものではない。

ライターとしての独立を考えている人にまず検討してほしいのは、「副業として始めること」だ。

会社員として働きながら休日などにライティングをする。たとえば週2日の休みにライティングをして、月8日の稼働で8万円ほど収入が得られれば単純計算で毎日稼働できれば30万円ほどになる。

家族構成にもよるが30万あれば暮らしていくには十分だろう。自分がひとまず暮らしていく上で月にいくら必要かを計算し、それを満たせる見込みができて初めて独立すれば、後悔する可能性はグッと減らせる。

お金の心配はマインドを削ってくる。勢いで独立してお金に困った経験のあるわたしからのせめてものアドバイスだ。

ライティングの検定は受けといた方がよい?

ライターには資格が必要ない。これは誰でも参入できるというメリットがある一方で、自分の実力が測定しづらいというデメリットもある。

勢いで独立したわたしだが、独立前の力試しにライティングの検定試験は受けたことがある。「Webライティング能力検定」というものだ。

この検定で上位成績を収めたからといって仕事につながったことはないが、webライティングの最低限の知識を身につけるという点では意味があったと思う。

結論を述べると、検定は受けといて損はない。ライティングの検定はいくつかあるので、気になったものを受けとけばよいだろう。

たしか「webライティング技能検定」は、クラウドソーシングサイト上で優遇されているのを見たことがあるので、そういった条件から選んでもよいだろう。

Webライティング能力検定のサイトはこちら

webライティング技能検定のサイトはこちら

モチベーションは高いまま維持できない

会社が嫌で、独立したい方は1日も早く会社を辞めたいと思っているかもしれない。「こんなにもやる気にあふれているんだから、少々稼げなくてもすぐに独立したい」と考える人は多いはず。その気持ちはとてもよく分かる。実際にわたしは会社員に戻るという気持ちは一切出てきていない。

しかし、今一度立ち止まって考えて欲しいのは「会社を辞めて独立してしまうと、もう元には戻れない」ことについてだ。基本的にはこれまでの条件以上の会社に転職するのは難しいだろう。

さらには、家で時間に縛られずに働くことが快適すぎて、元に戻れなくなる。こたつとズブズブの関係になるので、スーツを着て満員電車に乗り、会社まで行くのが別世界に感じられる。語弊を恐れずに言えば社会不適合者になってしまう。

webライターは、最後のキャリアだ。決してジョブチェンジして上位職になるわけじゃない。このことは頭に入れておいてほしい。家で仕事をするようになれば、それが当たり前になり、モチベーションを高いまま維持できない。

後悔しない選択をするのが大事

長々と書いたが、一番大事なのは「後悔しない選択をすること」だ。自分で決めたことなら納得ができるし、やるっきゃないという気持ちになれる。自分の人生だ。自分で決めるとよい。会社からの逃げでもいい。自分で決めたのなら。

誰かに言われて「楽そう」、「楽しそう」といったイメージだけで独立をしてはいけない。上手く行かなかったときに、その人のせいにしてしまうから。

あなたが独立をしようがしまいが、実は周りには何の影響もない。だったら周りを気にせず自分の意思に乗ればいい。

Wave on waves.

コメント

タイトルとURLをコピーしました