「時間・報酬・知識」が理由でWebライターが仕事を受けられないときの対応のしかた

Webライターの心構え
モノカキ
モノカキあるある

「夜やればいっか」で地獄を見がち。

書くゴリラ
書くゴリラ

どうも、Webライターあるあるです。

書けそうにない依頼が来たときどうするか

今回は依頼案件について。

「書けそうにない案件の相談がきたときにどのように対応すればよいか」について考えていきます。

継続案件で急に書けそうにない依頼がくることはまずないでしょうから、基本的には新規の依頼についての話になります。

ひとくちに「書けそうにない」といってもいろんなパターンが考えられますので、それぞれの場合について考えていきましょう。

今日の合わせて読みたい(読んでほしい)記事はこちら↓

記事作りのどこからどこまでがWebライターの仕事なんだろう。
案件によっては文章作成だけがWebライターの仕事でないことも。作業別にWebライター側の仕事かどうか考えてみました。

書く時間がなくて書けそうにない

まずは一番シンプルなパターンについて。

仕事の相談が来るのは大変ありがたいことですが、基本的にWebライターは自分ひとりで書くわけなので時間がなくて物理的に書けないことがあります。

時間がなくて書けない場合は丁重にお断りするしかありません。

時間がないなりのやっつけ仕事をするわけにはいきませんからね。

ただ、「時間さえあれば受けたい」という案件であれば次回につながるような返信をするとよいでしょう。

具体的には「今月はスケジュール的に厳しくてお受けできないのですが、来月であれば可能です」というように、いつならできるかをのせて返信するわけです。

相手は「今すぐ記事が欲しい」「あなたにだけ声をかけている」とは限りません。

たとえば優秀なWebライターをできるだけ多く探していて、そのうちの1人としてあなたに声がかかったなら、今すぐに仕事を受けられなくても来月から参加OKという可能性は大いにありますよね。

とはいえ、書く時間がないから書きたい案件が書けないのはもったいないことです。

ですので毎月数本は仕事を受けられるようにスケジュール調整をしておくという対策も必要になるでしょう。

ただ、スケジュールにある程度の空きを作ることは「仕事の相談(スカウト案件)が来るようになってから」で遅くありません。

仕事が少ない状態から仕事の相談が来ることを想定する必要は一切ありませんので誤解のないようにしてください。

書くゴリラ
書くゴリラ

今仕事ないのに、来ること想定してる人なんているの?

モノカキ
モノカキ

案件にいっぱい提案して全部採用されたらスケジュール的に無理だからどうしようって考えるやつはいるぞ。まぁ、俺のことだけど。

報酬的に合わないから書けない

2つ目は報酬の問題です。

書きたいかどうかは別として、報酬が釣り合わないので書けない場合です。

丁重にお断りするのも、報酬が自分の希望するところまで上がるのなら書くという選択でもよいでしょう。

報酬さえ合えば・・・という場合ならシンプルに報酬を上げてもらえないか打診してみることをおすすめします。

以前の記事で「単価交渉はおすすめしない」と書きましたが、それはあくまで自分の都合で行うもののこと。

仕事の相談で「よければ書いてくれませんか?」と聞かれているのに対して、「見合った報酬をいただけるのなら」と返答することは何も問題ありません。

Webライターがクライアントに単価交渉するのをおすすめできない理由
単価交渉をして報酬を上げたいとWebライターなら誰もが思うもの。しかし、単価交渉には覚悟が必要で決して手放しでおすすめできるものではありません。

ジャンル的に知識がなくて書けない

一番注意が必要なのは「ジャンル的に知識がなくて書けそうにない場合」です。受けるかどうかの判断が難しくなるからです。

クラウドソーシングサイトの場合、仕事の相談(スカウト)はプロフィールを見て行われます。

つまりクライアントはライターがどんなジャンルで執筆経験があるかをチェックした上で執筆を打診しているわけです。

そのため、全く執筆未経験のジャンルで仕事の打診がくることは多くありません。

しかしひとくちにジャンルと言っても幅が広いですよね。

たとえば「スマートフォン関連の執筆経験あり」とプロフィールに載せていても、キャリアごとのスマホの料金プランに詳しいのか、ガジェットとしてのスマートフォンのスペックに詳しいのかではまったく別の話になります。

スマートフォンという大きな括りは同じでも料金プランと機種スペックでは、求められる記事はまったく異なりますからね。

書くゴリラ
書くゴリラ

ミスマッチが起きないように、プロフィールには実績をある程度詳しく載せておくのも大事。

スケジュール面でも報酬面でも問題ない場合、書くのが難しそうな案件を受けるかどうかには2つの考え方があります。

1つは「書けないものこそ書けるようになるべき」と考える攻めの戦略パターン

スマホの例でいえば料金プランの話しかできなかったのが機種性能まで書けるようになると「スマホ関連と言えばあなた」と思ってもらえる可能性はありますよね。

もう1つは「効率が悪いから断ろう」と考える守りの戦略パターン

執筆経験はなくても知識があることならスムーズに書けるでしょうが、知識がないところからのスタートとなるとリサーチにかなりの時間がとられてしまいます。

たとえスケジュールに余裕があっても、知識がないことについて書くとなるといつもの1記事とはくらべものにならない時間がかかります。

そのため、安易に受けると相手に迷惑がかかることがあるので注意しなければなりません。

また、書いたことのないジャンルである場合は、構成から自分で考えるのかどうかを忘れずに先方に確認しておきましょう。

構成や見出しが決まっているのかどうかで、リサーチにかかる時間もライティングの時間も大きく変わってきますからね。

ここで紹介した2つの考え方はどちらが良いというわけではなく自身で判断するものです。

どちらか1つに決めず場合に合わせて対応を変えてもよいでしょう。

書くゴリラ
書くゴリラ

ちなみにモノカキはどっち寄りとかはある?

モノカキ
モノカキ

求められる記事の深さによる。

モノカキ
モノカキ

知識がないから詳しい人向けの記事は書けないけど、ある程度調べることで知識ゼロの人に対してなら書けるって感じで。

所感

モノカキ
モノカキ

知識がないことはリサーチに時間かかるから注意してねって話でした。

書くゴリラ
書くゴリラ

攻めか守りか、難しいところ。

モノカキ
モノカキ

専門性の強いライターを目指すなら守り主体になるだろうし、広い実績をつくろうとするなら攻めが大事になるだろうね。

おまけ1

モノカキ
モノカキ

いつもクライアントって書いてるけど、クライアントって「依頼主」じゃん?

書くゴリラ
書くゴリラ

それが何か?

 

モノカキ
モノカキ

まだ契約していないのに「見込み客」の意味でクライアントと使うのは抵抗がある。

書くゴリラ
書くゴリラ

とはいえいちいち「見込み客」と書くのも分かりづらくなりそうだしな。。

モノカキ
モノカキ

マーケティングの世界では見込み客のこと「リード」と言うらしいけど、伝わらんしな。

書くゴリラ
書くゴリラ

これまたいちいち「リード(見込み客)」と書くのもね。。

モノカキ
モノカキ

まぁ、基本「クライアント」で行きます。行間読んでいただいて。。

書くゴリラ
書くゴリラ

割と禁句だけどな。Webライターが「行間読んで」って言うの。

おまけ2

読むブタ
読むブタ

日中は大分暑くなってきたわね♪

書くゴリラ
書くゴリラ

まだ夜は肌寒かったりするから梅雨が早まったのはむしろよかったかもな。

読むブタ
読むブタ

たしかに♪ジメジメしてる上に暑かったら大変だものね♪

読むブタ
読むブタ

あんまり暑いと、とろけてラードになっちゃうし♪

書くゴリラ
書くゴリラ

そうですか。

読むブタ
読むブタ

ゴリさんには特別に、暑い日の翌日に自家製搾りたてラードあげるわね♪

書くゴリラ
書くゴリラ

遠慮しときます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました