Webライターを始めるために必要な道具と必要とは限らない覚悟

Webライターの心構え
書くゴリラ
書くゴリラ

PCとネット環境さえあれば始められる?

モノカキ
モノカキ

うん!(結論)

webライターは元手が少なくても始められるビジネス

わたしははじめ、小さなPCでライティングを始めました。独立前に3万円で買った小さな小さなPCで、指を立てて変なとこがつりそうになりながらタイピングをしていました。いつも容量不足の警告ポップアップを無視しながら。

モノカキ
モノカキ

ワードが入ってりゃ十分。

書くゴリラ
書くゴリラ

なぜか真っ赤なボディだったよね。

モノカキ
モノカキ

2年ぐらいはそれでやってたね。

大きなPCがあればそれだけ仕事はしやすいでしょう。しかし最低限の道具でも始められるのはwebライターの魅力とも言えます。ネット環境もモバイルルーターで十分です。

モノカキ
モノカキ

PCとモバイルルーター、この環境は今でも変わらない。

経費も最低限

わたしのような取材や打ち合わせがほぼない引きこもりwebライターは、交通費や交際費といった経費もほとんどかかりません。
経費は自分の手持ちから出すわけですから、そもそも独立したてで手持ちが少ない時期に経費がかからないことは、メリットと言えるでしょう。

会社員でたとえるなら「給料日前なのに遠くまで出張になったら交通費払えないよ」みたいなことがないわけですから。

実は、経費がかかることは必ずしも悪ではありません。
なぜなら収入に対してかけられる所得税や住民税は、収入そのものの金額ではなく、収入から経費や控除を差し引いた所得に対してかけられるからです。

書くゴリラ
書くゴリラ

経費や控除が多ければ所得が小さくなり、税金も少なくなるっホ。

モノカキ
モノカキ

仕事に必要なものはどんどん経費にしましょう。

ちなみに控除には、「支払った税金は所得から差し引いていいよ」とする社会保険料控除などがあります。フリーランスだと青色申告することで得られる控除もありますよ。

最低限の道具でちょこっと始めてみればよい

低スペックのPCでもネット環境さえあれば仕事ができるwebライター。簡単に始められるんですから、なにも人生を賭けて一念発起して始めなくてもよいのではないでしょうか。

以下の記事でも述べている通り、webライターは上級職ではなく最後のキャリアなのですから。

Webライターになる前に知っておいた方がよいことと実際にやったこと
野心に燃えてライターとして独立を考えている人に向けて、書きました。独立することの現実や、独立する基準について解説しています。

ちょっと休みの日に副業で始めてみて、「イケるな!」と思えば少しずつ比重を大きくしていけばよいと思います。

webライター人口はこれからも増えていくでしょう。こたつでカタカタというのんびりした仕事風景とは対照的にwebライターは殺伐とした戦国時代のような実力の世界です。

モノカキ
モノカキ

ライバルの顔は見えないけどね。

書くゴリラ
書くゴリラ

結局は自分との戦いなんだウホ。

もちろんお小遣いぐらいの収入を得るという目的でやってみてもよいと思いますよ。登録もすぐできますから。

ランサーズ

クラウドワークス

コメント

タイトルとURLをコピーしました