Webライターが執筆に集中するためにできること

Webライター向け読み物
モノカキ
モノカキあるある

月末に力使いすぎて月初は五月病みたいになりがち。

書くゴリラ
ゴリラあるある

どうも、Webライターあるあるです。

書くことに集中するためにできること

今回は「集中」について。Webライターは、家でもカフェでもどこでも仕事ができるのがメリットの1つです。

しかし、集中できなければ仕事になりませんし、固定給でも時給制でもないので報酬も得られません。

つまりWebライターにとって集中する能力を身につけることは、生きていくための必須のスキルと言えるでしょう。

とはいえ、できそうでできないのが集中。人それぞれの集中の仕方はあるでしょうが、今回はそのヒントとしてわたしが実践している方法を紹介します。

モノカキ
モノカキ

「わたしはこうやってるよー」ってのもぜひ教えてください。

書くゴリラ
書くゴリラ

過去の「集中をテーマにした記事」はこちら↓

※ツールや最後の手段あり

家で仕事ができるWebライターの落とし穴「集中できない」
在宅ワークのwebライターが抱える悩みの1つ「集中できない」について、その対策を紹介しています。
Webライターのわたしが図書館やカフェに行かず、家でしか仕事しない理由
Webライターといえば「The ノマドワーカー」と言える存在。でもわたしは外で仕事しません。その理由を書きました。

集中する方法:環境編

たとえば外から暴走するバイクの音が聞こえてきたら、なかなか集中できないでしょう。集中をするためにはスキルだけでなく、環境作りも大事なのです。

とはいえ、外から聞こえてくる騒音を防ぐことはなかなか難しいので、自宅の中でできる環境作りについて考えていきます。

◆仕事に必要ないものを置かない・見えないようにする

これはひとことで言うと「PCの横にスマホを置くな」ということ。集中を阻害するものが手に取れる場所にあるから触ってしまうのです。

スマホ以外にもテレビのリモコンやゲーム機なんかはもちろんですが、本や目薬や飲み物なんかもなくてよいと思います。

もっと言うと文字情報が入っているものはできるだけ排除したいところです。目に入っただけで読んでしまうので。

気にならないのならもちろん置いていてもよいのですが、どうも集中できないなと思ったら試してみてください。

こういうことを言うと「クライアントからの連絡が来たときすぐ返したいからスマホは手元に置いておきたい」という意見が出てきます。

たしかにクライアントワークにおいて、レスポンスの早さはとても重要です。

しかし、わたしは1時間の集中を優先したいと思います。メールの返信は1時間集中したあとの休憩時間中でも十分ではないでしょうか。

返信は一瞬でできるので、仕事の集中と両立できそうですが意外と難しいもの。

一度別のことをすると再び集中するまでは時間がかかりますので効率が悪いですし、なにより怖いのはスマホを近くに置いておいて、不必要にさわってしまうことです。

そして、スマホを遠ざけるときはベッドやソファーには置かないようにしてください

1時間がんばったあとの休憩でスマホを見にいくときに、そのままベッドやソファーで長時間ダラダラとしてしまいますから。

洗面所とか玄関にでも置いてみるとよいかもしれません。

◆耳からの情報(音楽)をどうするかは好みに合わせて

ある程度音が聞こえていた方が集中できる人もいれば、できれば無音がよいという人もいるのでこれは自分の好みで決めればよいでしょう。

ちなみにわたしの場合は、本気で集中するときは無音、リラックスして書くときはすこし音楽をかけています。好きなのはゲーム音楽(ファミコン)です。

モノカキ
モノカキ

ブログのネタ搾り中は無音、書くときは音楽ありって感じです。

◆集中するときはPCの前から動かない

これはわたしの持論なので、参考にならないかもしれません。

このブログを例にして考えると、毎日わたしがテーマを考えてそれについて執筆するという流れでやっています。

ブログのテーマはPCの前に座って考えているのですが、なかなか浮かばないからといってちょっと家事をしたり、歩き回ったりしても、そのときに浮かんだためしはありません。

いろいろ試すよりも、結局はPCの前から動かずにじっと考えている方が早くテーマが浮かんできます。

気分転換はあくまで「転換」であって、集中をとく行為です。集中したいのなら気分転換よりも、椅子に座ることが大事だとわたしは思います。

書くゴリラ
書くゴリラ

気分転換は集中が切れたときや、集中し終わったあとってことね。

集中する方法:マインド編

集中するためには環境づくりと同様に、気の持ち方も重要です。

気の持ち方が大事なのは、いくら環境を整えて「さぁ集中しよう!」と思っても気持ちが追いついてこなくて上手にできないときがあるからです。わたしはそうです。

ここまで偉そうに話してきましたが、集中することについてわたしはある意味自分をあきらめています。「自分は集中できない人間だ」と。

正直に言って寝食を忘れて記事を書くことに没頭した経験は一度もありません。こう言えばいかに集中力がないか伝わるでしょうか。

わたしは正攻法じゃ集中できません。だから半ば強引に集中するように持っていきます。

具体的には「今わたしは集中できている」と思い込むのです。

意外と思い込みの力ってのは偉大で、「明日〇時に起きる」とずっと念じながら眠りにつくとあっさり起きられます。スピリチュアルな話ではなく。

「集中できないな~」とか「集中しよう」と思ってるから集中できない。

「集中できてる」と思うから集中できる。

そんな風にわたしは考えることにしています。

所感

モノカキ
モノカキ

集中力がない自分が、ないなりにやってる工夫を紹介しました。

書くゴリラ
書くゴリラ

一番大事なのはどれ?

 

モノカキ
モノカキ

スマホの遠ざけかね。

モノカキ
モノカキ

ちなみにPCでSNS見れないようにする技は存在するので冒頭でも貼った↓の記事を参照ください。

家で仕事ができるWebライターの落とし穴「集中できない」
在宅ワークのwebライターが抱える悩みの1つ「集中できない」について、その対策を紹介しています。

おまけ1

書くゴリラ
書くゴリラ

そいや、暴走してるバイクなんて今どきいるのか?なんか無理矢理なたとえだったけど。

モノカキ
ブッコミのモノカキ

いや、うちの前の道に普通にいるけど。

モノカキ
バッドモノカキボーイズ

バルンバルン&バインバインだよ。

書くゴリラ
書くゴリラ

え、京都市ってそうなの?

モノカキ
モノカキ

まぁ、京都市の中でも田舎の方だけだとは思うけど。

モノカキ
モノカキ

ちなみに車の運転はみんな荒い(主観です)。

書くゴリラ
書くゴリラ

えっ?

モノカキ
モノカキ

京都に引っ越してビビったこと1位かもしれんな。

おまけ2

読むブタ
読むブタ

今月はどれくらいトンカツ食べられるかしら♪

書くゴリラ
書くゴリラ

目標とかあんの?

読むブタ
読むブタ

まぁ、40ってとこかしら?

書くゴリラ
書くゴリラ

よ、40回?1日1回以上じゃねーか。

読むブタ
読むブタ

ううん、40キロ♪

書くゴリラ
書くゴリラ

・・・

読むブタ
読むブタ

あれ?聞こえなかった?「よ・ん・じゅっ・き・ろ!」

書くゴリラ
書くゴリラ

あきれてんだよ!

読むブタ
読むブタ

あらどうして?

書くゴリラ
書くゴリラ

明らかに食いすぎだろ。自分の体重に対して多くないか?

読むブタ
読むブタ

まぁレディに対して体重のこと言うなんて失礼よ♪ぷんぷん♪

 

書くゴリラ
書くゴリラ

レディは月に40キロもトンカツ食わねぇよ!

コメント

タイトルとURLをコピーしました