Webライターがブログをやるメリットを実体験をもとに深掘りしてみる。

Webライター向け読み物
モノカキ
モノカキあるある

運動不足解消のためにイスをバランスボールにしようか悩む。

書くゴリラ
ゴリラあるある

どうも、Webライターあるあるです。

Webライターがブログをやったらいいことあんの?

モノカキ
モノカキ

今日のテーマはこれ。

書くゴリラ
書くゴリラ

また上位サイトから持ってきたようなテーマを。

モノカキ
モノカキ

こういうのなんていうんだっけ?粉飾決算?

書くゴリラ
書くゴリラ

インスパイアじゃない?

モノカキ
モノカキ

まぁメリットあるなしで言うと「ある」で終わりなんだけど、自分なりの視点で書いてみよう。

書くゴリラ
書くゴリラ

上位サイトと丸被りだったりしてな。

 

モノカキ
モノカキ

念のため、それらの記事の内容は見ずに来た。

ブログがWebライターの仕事につながる?

書くゴリラ
書くゴリラ

そこんとこどうすか?

モノカキ
モノカキ

実体験で言うと自分のブログが、仕事につながったことはある。ブログだけが理由かは分からんし、数も少ないけど。

モノカキ
モノカキ

あ、ちなみにこのブログではありません。

 

書くゴリラ
書くゴリラ

いつごろの話?

モノカキ
モノカキ

たしか1年目かな。

モノカキ
モノカキ

クラウドソーシングじゃない、ニュースメディアみたいなところで実績としてブログを出したら受かったことがある。

モノカキ
モノカキ

他の記事といっしょに提示したけど、その後の面談でブログのこと話したから、多分ブログが採用理由になったんだと思う。

書くゴリラ
書くゴリラ

ほえー。今はやってないの?

モノカキ
モノカキ

やってない。

モノカキ
モノカキ

ブログは実績というか「自分の文章力を示す材料」にできるって感じだと思う。

書くゴリラ
書くゴリラ

実績がないと、何もアピールできるところがないからブログはいい手段かも。

モノカキ
モノカキ

まぁこのへんは多分どのサイトでも書いてあると思う。

 

書くゴリラ
書くゴリラ

そうだろうね。

モノカキ
モノカキ

少し突っ込んだ話をすると、ブログ運営は特にWebライターになりたての人に効果があるような気がしてる。

モノカキ
モノカキ

主に文章力アピールとワードプレスの経験って意味で。

書くゴリラ
書くゴリラ

ある程度Webライターで経験積んでくるとあんまり意味ない?

モノカキ
モノカキ

意味ないとは言わんけど、仕事をゲットするためにブログを書くのはもったいないかと。

書くゴリラ
書くゴリラ

え、なんで?

モノカキ
モノカキ

ブログって、わりと柔らかい文体のこと多いよね。

書くゴリラ
書くゴリラ

まぁ、ここもそうだね。

モノカキ
モノカキ

もちろん柔らかい文章が書けるってのはアピールになるだろうけど、ブログの記事数が増えたからってその説得力が大きく増すわけじゃないよね。

書くゴリラ
書くゴリラ

そうだね。

モノカキ
モノカキ

じゃあ、ブログよりもWebライターとしての仕事の実績を積む方が仕事ゲットの面では効率的じゃない?

もちろん企業のオウンドメディアみたいなレベルまで作れるんなら話は変わってくるだろうけど。

モノカキ
モノカキ

柔らかい文章書けます。よりも、柔らかい文章もビジネス向けのちょっとお堅い文章も書けますの方がクライアントにアピールしやすいでしょ。

書くゴリラ
書くゴリラ

なるほどね。資格とかキャリアとかがなくて特化型じゃないWebライターは、いろんな文章を書いてジャンルとか文体とかの幅広さを身につけた方がいいってことか。

モノカキ
モノカキ

そうそう。かといってブログをやめる必要はないけどね。あくまで仕事をゲットする効率を考えるならって話。

Webライターの仕事がないときはブログを心のよりどころにできるかも

モノカキ
モノカキ

最後はマインドの話。

モノカキ
モノカキ

これは実体験なんだけど、クラウドソーシングで仕事探して、いいなと思った案件に片っぱしから応募するでしょ。1日10件とか。

書くゴリラ
書くゴリラ

うん。たくさん応募するのは大事だよね。

モノカキ
モノカキ

まぁ、ぶっちゃけ受かんないわけよ。

書くゴリラ
書くゴリラ

簡単にはいかんわな。

モノカキ
モノカキ

で、仕事がないから「案件への提案」だけで1日が終わることがマジでよくある。

書くゴリラ
書くゴリラ

うん。

モノカキ
モノカキ

ライターなのに、書いてないわけよ。文章を。

書くゴリラ
書くゴリラ

案件への提案文は、文章じゃないの?

モノカキ
モノカキ

大体「型」があるからね。1から文章を練り直す人は少ないと思うよ。

 

モノカキ
モノカキ

まぁ「型」にはめすぎてるから採用されないって話は今は置いときます。気になったら↓の記事でも読んでください。

初心者Webライターがクラウドソーシングで提案文を通すための基本
いくら応募しても採用されない。そんな悩みを抱えている方に向けて、クラウドソーシングサイトで採用されるための基本を解説します。
モノカキ
モノカキ

「ライターなのに何も文章を生産せずに1日が終わった・・・」ってのは、けっこーハートにくるのよ。

モノカキ
モノカキ

翌日も仕事ないわけだし。

書くゴリラ
書くゴリラ

そうね。そこでブログだと。

モノカキ
モノカキ

そういうこと。どんな文体にしろ、文章を考えて創り出すってのをやると気がまぎれる。

モノカキ
モノカキ

仕事がないストレスを緩和させるだけでなく、もしかしたら、ブログを実績がわりとして仕事につなげられるかもしれない。

書くゴリラ
書くゴリラ

十分にやる価値はあるということだね。

モノカキ
モノカキ

そう。ブログをやるときの注意点としては「ブログを優先事項の1位にしないこと」

書くゴリラ
書くゴリラ

なんで?

モノカキ
モノカキ

ブログだけ書いて満足しがちだからです。

モノカキ
モノカキ

ブログが仕事につながるってのは、誰かがあなたのブログを見つけてくれてメッセージが来て・・という話ではありません。

※もちろんそうなりゃいいんだけど

モノカキ
モノカキ

自分から企業なり案件なりにアプローチする際の材料にするってことなので、

モノカキ
モノカキ

クラウドソーシングで言うなら、その日見つけた案件に提案文を送りきったあとにブログを書こう。すべきこと・できることが終わってからね。

書くゴリラ
書くゴリラ

なるほど。優先順位は「提案文作って送る→ブログ」ね。

おまけ

読むブタ
読むブタ

ブタです♪

書くゴリラ
書くゴリラ

ゴリラです。

読むブタ
読むブタ

いや~もうBBQの季節ね。

書くゴリラ
書くゴリラ

花見が終わったと思った途端にこれだよ。

読むブタ
読むブタ

早く豚足BBQしたいわ♪

 

書くゴリラ
書くゴリラ

豚足限定!?

書くゴリラ
書くゴリラ

もうそれBBQじゃなくて儀式だぞ。

読むブタ
読むブタ

あら、つけあわせにキャベツの千切りもあるわよ♪

書くゴリラ
書くゴリラ

トンカツじゃねぇんだから。

読むブタ
読むブタ

デザートはゼラチンをたっぷり使ったゼリーとプリンとムースを用意してるわ♪

書くゴリラ
書くゴリラ

ある意味ブタのフルコースだな。

読むブタ
読むブタ

じゃあ会費2,500円ね♪

書くゴリラ
書くゴリラ

(意外と安いな・・・)

はい。2,500円。で、いつやんの?

読むブタ
読むブタ

予定は未定よ♪じゃあね、バーイ♪

書くゴリラ
書くゴリラ

トンズラしやがった・・・。

コメント

タイトルとURLをコピーしました