Webライターにとって文字単価1円案件がスタートでもゴールでもない理由

クラウドソーシング全般(活用・攻略など)
モノカキ
モノカキあるある

予定が自分次第だから、休みが多くなりがち。

書くゴリラ
ゴリラあるある

どうも、Webライターあるあるです。

文字単価1円案件ゲットしてからどうする?

クラウドソーシングサイトで活動するWebライターにとって、「文字単価1円案件」はいわば登竜門のような存在。

文字単価1円案件は、未経験からでもゲットできないわけではないですが、ちょっと厳しいといった立ち位置です。

今回は「文字単価1円案件をゲットしてからどう動くか」をテーマに、ありがちなミスや注意点などを紹介していきます。

モノカキ
モノカキ

今日の目次は以下のような感じ。

・文字単価1円案件はゴールでもなければスタートでもない
・常に自分の最高単価で仕事ができるわけじゃない

文字単価1円案件はスタートでもゴールでもない

文字単価1円案件の獲得をひとまずの目標とする方は多いでしょう。わたしもそうでした。

しかし、文字単価1円で仕事することは、ゴールではないどころかスタートでもありません

書くゴリラ
書くゴリラ

単価アップを目指すならゴールじゃないのは分かるけど、スタートでもないってどゆこと?

まず覚悟しておきたいのは文字単価1円案件をゲットできたからといって、今後すべての案件が文字単価1円以上の保障つきになったわけでも、文字単価1円案件を好きなだけゲットできるわけでもないということです。

初めて文字単価1円をゲットしたときの喜びは大きいもの。

しかし、必ずしも自分の実力が文字単価1円以上相当になったわけではありません。

文字単価1円の案件を1つゲットしたとしても、これまで文字単価0.5円で請け負っていた案件の単価が上がるわけではありませんよね。

1つ文字単価1円の案件を獲得したところで実は「最高文字単価1円のライター」になっただけなのです。

つまり、文字単価1円案件だけで収入が足りなければこれまで通りに1円未満の案件も受け続ける必要はありますし、別の文字単価1円案件に応募してもあっさり落選してしまうこともあるのです。

モノカキ
モノカキ

言われてみれば当たり前のことなんだけど、意外と見過ごしがち。

書くゴリラ
書くゴリラ

モノカキもこの罠にはまってたな。。

常に自分の最高単価を更新しながら仕事ができるわけじゃない

気を付けたいのは「自分は文字単価〇円ライターだ」とおごった気持ちにならないようにすることです。

要は変なプライドを持たないこと。自分の最低文字単価を決めることは大事ですが、それが分相応以上のものにならないように。

誰かの力になりたくて受ける案件があってもよいし、ときには報酬を度外視して書く記事があってもよいでしょう。

たとえば、好きなジャンルであれば報酬が低くても書きたいと思うのは普通のことです。

それなのに自分の最低文字単価にこだわりすぎて、書きたいのに書けないのはもったいないですよね。

Webライターの文字単価と記事単価、自分でどうやって設定したらいい?
「文字単価1円を目指す」とはよく聞くけれど、それを達成したらどうすればいいんだろ。と迷ったときのヒント。

所感

モノカキ
モノカキ

文字単価1円を達成しても、そこから劇的に世界が変わるわけじゃない。というお話でした。

 

書くゴリラ
書くゴリラ

すべてはコツコツと。階段飛ばしはできんわな。

モノカキ
モノカキ

まぁ、指標らしいものが他にないから「文字単価1円」が一種のステータスみたいになるのは仕方ないかも。

書くゴリラ
書くゴリラ

でもそれにとらわれるなよ、ってことね。

おまけ

読むブタ
読むブタ

ブタです♪

書くゴリラ
書くゴリラ

ゴリラです。

読むブタ
読むブタ

最近おまけコーナーのオチがワンパターンって噂があるみたいよ。

書くゴリラ
書くゴリラ

噂というか事実だけどな。

読むブタ
読むブタ

んまっ!ゴリさんまでそういうこと言う♪

読むブタ
読むブタ

いけずやわぁ♪

書くゴリラ
書くゴリラ

謎の京都かぶれ。地元民に怒られるぞ。

読むブタ
読むブタ

あら、それはいけずやわぁ♪

書くゴリラ
書くゴリラ

・・・

コメント

タイトルとURLをコピーしました