Webライターは1日を「0点」か「100点」で考えると疲れちゃう

Webライターの心構え
モノカキ
モノカキあるある

お湯を沸かしている間の執筆は、やかんが吹きこぼれないか気になって仕事にならない。

書くゴリラ
ゴリラあるある

どうも、Webライターあるあるです。

100点じゃない日と0点の日はイコールじゃない

今日はWebライターの心構え。完璧な1日にするのが難しそうでも、その日を0点と考えるのではなく70点ぐらいにすると気が楽という話をします。

仕事をする上での理想の1日というものが多くの人にはあるかと思います。

その日の目標ややるべきことが達成できていれば100点で、この点は問題ないでしょう。

しかし、翌日に仕事を残してしまったら0点と考えていないでしょうか。

たとえば5記事書きたいところ、4記事しか書けなかった場合、本当であれば5分の4できているので80点はカタいはず。にもかかわらず「ダメだった」と0点にしていませんか。

そうするとどんどん自己肯定感が下がって疲れてしまいますし、自分はダメな人だと思うようになってしまいそうです。

▼今日の関連記事▼

「フリーランスは時間の切り売り論」から考える自分の理想のライフスタイル
「フリーランスは時間の切り売り」だとしても何も問題ない。時間を使わないと働けないんだから。

「仕事が終わらなければ0点」と「ダイエットは明日から」の共通点

ダイエット中、なかなか我慢ができなくてアイスやポテトチップスを食べてしまったとします。

すると多くの人は「もう今日はいいや!」と爆食いにはしりがちです。わたしも似たようなことがよくあります。

しかしアイスを食べてもポテトチップスを食べても、その前後にしっかりとカロリー消費できていれば帳尻はとれますし、なんなら夜ご飯を減らしたっていいはずです。

とはいえ、そううまいこと考えられないからダイエットは難しいんですが、仕事でも同じように考えてしまっている人がいるのではないでしょうか。

仕事と、誘惑にかられてのドカ食いの大きな違いは、仕事は終わった分が絶対にムダにならないという点です。

ドカ食いの場合は行き過ぎればその日の努力がチャラになってしまうことがあるでしょう。

しかし、仕事の場合はその日に終わらせたいものがすべて終わらなかったとしても、書けた分のデータが翌朝になったら飛んでしまうなんてことはありませんよね。

だから0点か100点で考えずに、加算方式で考えればよいんじゃないでしょうか。

さらには、その日に終わらせたいことが終わらなくても「サボらずにPCに向かった」のなら100点かもしれませんよね。たまたま見積もりが甘くて終わらなかっただけで。

わたしたちWebライターは成果報酬で、がんばったことや過程自体は誰もほめてくれません。

仕事として受けたものが納期までに終わらなければNGです。しかし、納期までにきちんとしたものが提出できれば少なくとも評価は減点されません。

にもかかわらず今日終わらせたいことが「たまたま」終わらなかっただけで、必要以上にへこむことはないはず。

もうちょっと気楽にやってもよいんじゃないかなと思うわけです。

所感

モノカキ
モノカキ

自分に厳しいのはカッコいいが厳しすぎると疲れるよ、というお話でした。

書くゴリラ
書くゴリラ

Webライターとしての生活は今日だけじゃなくてずっと続くわけだしね。

おまけ

読むブタ
読むブタ

ポン酢かければヘルシーだと思いがち。

書くゴリラ
書くゴリラ

それはあるかも。

読むブタ
読むブタ

わたしはマヨネーズ+ポン酢が好きよ♪

書くゴリラ
書くゴリラ

急にカロリー爆弾。

読むブタ
読むブタ

もしかしてだけど、ハンバーグも揚げたらおいしいんじゃないかしら?あら、新発見かも♪

書くゴリラ
書くゴリラ

それはほぼメンチカツでは?

読むブタ
読むブタ

・・・

読むブタ
読むブタ

ハンバーグカツっていう新たな料理誕生かと思ったのに♪

書くゴリラ
書くゴリラ

まぁ、やるのは自由だが。

読むブタ
読むブタ

でもハンバーグ食べたらトンカツが恋しくなっちゃうわ♪

 

読むブタ
読むブタ

どっちも食べよっと♪

書くゴリラ
書くゴリラ

・・・

コメント

タイトルとURLをコピーしました