挑戦すること。生きること。

ナカシマユウタ
ナカシマユウタ
ナカシマユウタ

ぼくは常に挑戦者でいたい。

ウェイブ
ウェイブ

失敗は怖くないの?

ナカシマユウタ
ナカシマユウタ

失敗しても、また挑戦したら良い。

あきらめない限り、失敗なんてないよ。

ウェイブ
ウェイブ

…ぼくも。

挑戦すること。生きること。

最近なにかに挑戦しましたか?

資格の勉強、あたらしい習慣、前からやりたいと思っていた趣味。
挑戦したいことって、ほんとうはいっぱいあるのではないでしょうか。

「もし絶対に成功することがわかっているとしたら、あなたは何に挑戦しますか?」

この質問に対する答えが、自分がほんとうにやりたいことだとなにかの本で読みました。
ぼくたちは大人になる過程で多くのことを経験し、成功し、そして失敗してきました。
そのときどきで学んだことが、いまの自分を作り上げている。

でも同時に過去の失敗や人から笑われて傷ついたことも、いまの自分の一部になっています。
これがやっかいなもので、挑戦しようとするこころの邪魔をします。

「失敗するかもよ」
「どうせできないよ」
「だれかに笑われるよ」

なにかに挑戦するとき、ぼくたちの頭の中では見えない何かとの対話が始まります。
それはきっとこころの中の自分。
これまでの経験が作り上げた不安を回避するために、危険を知らせる役割をする。

でもそれがときに挑戦の邪魔をすることもあります。
失敗しないように、笑われないように。

失敗すること。過程を見ること。

だけど失敗ってなんだろう。
目指すところにたどり着けないこと?
人から笑われること?

ぼくは、「挑戦しないこと」だと思います。
目指すところにたどり着けないのは、まだ途中だから。
次の駅に向かって走っている電車を途中で止めて、「目的地についてないじゃないか!」なんて言わないですよね。
なのにぼくたちは、挑戦することに対してはすぐに結果を求めてしまう。

きっと成功を確信できていないから。
自分を信じきれていないから。

だから成功への過程で、失敗にこころを奪われてしまいます。
でも「絶対に成功する」とわかっていれば、多少失敗しても気にしないのではないでしょうか。

どんなことにも過程があります。
もしあなたがいま成功していないのなら、それは過程だから。
それは失敗なんじゃなくて、途中なんです。

だから決して自分をあきらめないでください。
生きている間にはいろんなことが起こります。
それでも生きている限り、チャンスは何度でもやってきます。

もしチャンスがやってこないと思っているのなら、もっともっと周りをよく見るようにしてください。
チャンスはいろんなところに転がっています。

夢を語ること。挑戦すること。

ぼくは一年前まで、ブラインドタッチができませんでした。
でも「スタバでMacをカタカタしたい」と思い、まいにちコツコツ練習を続けました。
結果ブラインドタッチができるようになりましたし、スタバには行ってないけれど、MacBookを購入し、まいにちカタカタしています。

それどころか本を2冊出版し、ライターとして開業するまでになりました。
最初はもちろんうまくいかなかったし、正直イライラしたし、あきらめようと思いました。
それでも続けたことで、いまがある。

これはひとえに挑戦した結果だと思います。
もし途中で結果を切り取っていたら、それは失敗で終わっていたかもしれません。
でももっと長い目で見ることができたので、成功することができました。
だからあきらめないでください。

バカにされたり、笑われたりしても、挑戦を続けてください。
生きることは、挑戦すること。
挑戦することは、生きること。

ぼくはそんな風に思っています。

そしてぼくの文章を読んだあなたが、なにかに挑戦する一歩を踏み出してくれたらとてもうれしいです。
挑戦の内容はなんだって良いんです。

昨日よりすこし長く勉強してみる、ご飯のレシピのレパートリーを増やしてみる、元気よくあいさつしてみる。
自分が挑戦だって思えたなら、それは大きな挑戦です。

ぼくは全力で応援するし、一緒に成長したい。
もし文章を書きたくなったら、連絡をください。

404 NOT FOUND | Writer Avengers
ライター業界にあらたな波を起こす。ライターのためのサイト。

Wave on waves.

波は繰り返し打ち寄せてくるよ。

ナカシマユウタ
ナカシマユウタ

一緒に挑戦しませんか。

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました