Webライターが個人ブログに寄稿する際のハードルが果てしなく高い

Webライター向け読み物
モノカキ
モノカキあるある

何も問題なく完了した案件に対しての評価、なぜか星4つをもらいがち。

書くゴリラ
ゴリラあるある

どうも、Webライターあるあるです。

誰かのブログで記事を書くとしたら

今回は、Webライターの日々のお話シリーズ。誰かのブログで記事を書くことについて考えていきます。

今日のテーマは「人のブログに記事を書くのって激ムズじゃない?」です。

ちなみに、そういう話をわたしがもらってるわけではありません。

Webライターが仕事で書く記事の投稿先は企業が運営するオウンドメディアだけでなく、ブログの場合もありますよね。

ブログもオウンドメディアじゃねーかという気もしますが、ブログは自社商品アピール強めで、オウンドメディアはフラットな視線の記事という違いが感覚的にはあります。

たとえばとある飲食店の料理についての記事をその飲食店のサイト内でやるなら、それはブログでしょう。

「よそのお店のラーメンもおいしいよ!」なんて話は公式ブログでしないわけですから。

さて、わたしはこのブログを運営していますが、自分がブロガーという意識は正直ありません。

アフィリエイトは貼ってませんし、アドセンスも目立たなくひっそりと置いてあるだけなのであまりブロガーっぽいことを気にしていないからです。

とはいえ、オウンドメディアに近いわけでもないです。

ある程度フラットな視線を心がけて書いてはいますが、記事は自分の体験や考えをもとにして書いています。

そのため、このブログは媒体としてはnoteに近いかもしれません。

ブロガーさんの間では「テーマをそろえてそれぞれのブログで記事を書く」というお祭り的なものがたまにありますよね。

このブログでは、それに似たものとして「寄稿」を募集しております。

コラム寄稿をご希望の方へ
当サイトでは、初心者ライターの実績作りの場として誰でもコラムを寄稿できるようになっています。 ライターとして生計を立てていくためには、実績が必要。しかし実績ゼロの段階ではなかなか仕事を得られません。 そんな初心者ライターのジレン...
書くゴリラ
書くゴリラ

「寄稿してね」という話ではないのでご安心ください。

ブログは自分のところで書いて、PVを集めてなんぼですので、人のブログ(このブログ)に寄稿すること自体には正直あまり旨味はありません。

このブログが「Webライター界で超有名なブログ」であるならば話は別ですが、寄稿することによる宣伝効果は高いものではありません。

どちらかと言うと「書いていただいた記事についてのフィードバックをするので、初心者ライターさんの練習の場にしてね。

ついでに記名記事になるよ」という趣旨でやっているものです。

宣伝効果についてのなさについては、わたしの責任でしかないのですが今回は一旦おいておきます。

なぜなら今回お話ししたいのは「人のブログで書くことのハードルの高さについて」だからです。

相手のブログの色に合わせなければならない

仕事で書く記事の場合は「こういうテーマでこういうキーワード使って」といった指定がありますが、ブログに寄稿する場合はテーマやキーワードの有無よりも、寄稿先のブログのカラーに合わせなければならない点が最大の難関です。

自分のブログなら好きに書けます。でも誰かのブログでとなると、簡単ではないでしょう。

どんなにおもしろくても、このブログでおいしいラーメン屋さんをテーマにした記事は載せられないわけです。

別にブログの運営者の名前で代わりに書くわけでなくても、ブログの中で記事が浮いたものになってはいけませんからね。

少なくとも寄稿することが、書いてくれた人にとってマイナスなことになってはならないように、運営側は注意する必要があります。

ちょっと話が抽象的になってきたので、初心者Webライターがこのブログで記事を1つ書く際のハードルについて考えていきます。

ざっくり言うと「Webライター」「ライティング」「クラウドソーシング」「フリーランス」などのテーマについて「こういうところあるよね」といった「あるある」や「体験談」、または「自分が目指すライター像」なんかを書いていくわけになります。

いくら好きに書いてよいと言ってても、なかなかにハードルが高いだろうなと我ながら思います。

自分なら、正直仕事で書く記事よりしんどいです。

自分がもし、Webライターになりたての段階で書くとしたら「Webライターになった理由」「クライアントに迷惑かけた失敗談」「Webライターとして今悩んでいること」なんてことを書くでしょうか。

結局のところ、何が言いたいのかというと「初心者ライター向け」のブログであるにもかかわらず、初心者であればあるほどこのブログへの寄稿のハードルは高いということ。それを反省したわけです。
今後の当ブログへの寄稿に対するスタンスは、考えていこうと思います。

所感

モノカキ
モノカキ

今後はポートフォリオ(自己紹介)載せますよ!みたいな感じの方がええんやろか?

書くゴリラ
書くゴリラ

そうかも。あと「自分が目指すライター像」[Webライターになった理由」とかの書きやすそうなのを基本にするとか。

モノカキ
モノカキ

まぁそれなら、書く人の「らしさ」が出せるか?

書くゴリラ
書くゴリラ

とはいえ、寄稿はこのサイトのメインじゃないから。

モノカキ
モノカキ

む?

書くゴリラ
書くゴリラ

いかに誰かに記事を書いてもらって自分でブログ書くのを1日休むかを考えるよりも、どうすりゃネタが出てくるかを考えた方がたぶん早いぞ。

モノカキ
モノカキ

(目論見が完全にバレてる・・・)

おまけ

読むブタ
読むブタ

記事を書くよりも、書いてもらう方がむずかしいなんてね♪

書くゴリラ
書くゴリラ

まぁ人がからむことだからな。

読むブタ
読むブタ

そういえば今年も半分おわったみたいよ♪

書くゴリラ
書くゴリラ

そういうとき、だいたい早すぎみたいな話になるけど、わりと妥当だと思うんだけどな。

読むブタ
読むブタ

このブログで言えば、モノカキさんの記事は今160個ぐらいみたい。

書くゴリラ
書くゴリラ

本人的には「まだそんなもんか。。」なんじゃないか?

読むブタ
読むブタ

PV的にはどうなのかしら?

書くゴリラ
書くゴリラ

・・・

読むブタ
読むブタ

ねぇ、PVは?

書くゴリラ
書くゴリラ

え?ピッグとブタがなんだって?

読むブタ
読むブタ

(ゴリさんがボケるなんてこれは深刻ね・・・)

コメント

タイトルとURLをコピーしました