忙しさを言い訳にせず優先順位を遵守してガッツを養うWebライター

Webライターの心構え
モノカキ
モノカキあるある

仮眠の概念がくずれがち。

書くゴリラ
ゴリラあるある

どうも、Webライターあるあるです。

忙しさを言い訳にせずにガッツを鍛える

今日はWebライターの心構えの話。「忙しい」を理由に何かをあきらめないことについてお話します。

Webライターは決して安定しているとは言えない仕事。ですので、仕事があることほどありがたい話はありません。

もちろん物理的に手がいっぱいになってしまうことはあるでしょう。でも、それでもなんとか食らいつくことも大事かしれないなと思うわけです。

▼今日の関連記事▼

【解決策なし?】Webライターが月半ばから月末にかけて忙しくなる理由を徹底解説!
Webライターが月半ばから月末にかけて鬼のように忙しくなるのは、別にサボってるからじゃない。

忙しいからこそいつも通りに

計画が甘い、普段サボっていたという場合以外にも、月末に納期がかさなりてんやわんやというケースはあります。

大変ですが、なるべくいつも通り過ごさないと、大事なことを後回しにしてしまうような気がします。

たとえばわたしの場合、仕事とは別に習慣づけて意識的に行っていることに「筋トレ・フィットネスバイクをこぐ・ブログ」があります。

どんなにスムーズにすすんでも2時間から3時間はかかります。

正直に言えば「仕事が多いからそんなことやってる場合じゃない」と一時的に切り捨てても誰も文句は言わないでしょう。

もっと言えば、やめたところで誰にも迷惑はかかりません。

しかし、日々の運動やブログは「暇だから」時間つぶしにやっているわけではありません。

たとえば運動は健康という視点で見たときにはとても優先度の高いものです。

健康が大事と言いながら、「忙しいときは除く」という注意書きを付け加えてしまっては健康にはならないでしょう。

もちろん忙しいなら省けるところは省くべきです。しかし優先順位の1位は仕事をすることではないはず。

たとえば、家族との時間を取りたくてWebライターを始めたのに「今週は忙しいから食事は各々テキトーに」というのは少しもったいないような気がしないでしょうか。

もちろん仕事は仕事としてきちんと終わらせる必要はあります。

しかし削るべき時間は「自分がしたいことの時間」ではないんじゃないかと思うわけです。

所感

モノカキ
モノカキ

ときには根性を見せるときも必要、というお話でした。

 

書くゴリラ
書くゴリラ

気張れ。

おまけ

読むブタ
読むブタ

・・ヤバイわね♪

書くゴリラ
書くゴリラ

ヤバイな。

読むブタ
読むブタ

ありがたいけどヤバイわね♪

書くゴリラ
書くゴリラ

モノカキの仕事が多いな。

読むブタ
読むブタ

元々やばかったのにさらに追加が来たって♪

書くゴリラ
書くゴリラ

ま、がんばってもらうしかない。

読むブタ
読むブタ

毎日トンカツ差し入れに行こっと♪

書くゴリラ
書くゴリラ

逆に体こわしそう。。

コメント

タイトルとURLをコピーしました