Webライティング

Webライティング

Webライターが仕事以外で書く記事は「お気楽ライティング」で

有益とか悩み解決を考えるのもよいけど気楽に気ままにやると長続きするし、むしろ読んでもらえる。
Webライティング

YouTube動画から考える記事タイトルのつけ方の重要性

YouTube動画のタイトルづけとWebライターが書く記事タイトルのつけ方は大きく異なります。
Webライティング

Webライターの最低限。「自分という読者を満足させる記事を書く」

Webライターとしての最低限の仕事は「自分が読者として記事を読んだときに満足できる記事を書くこと」
Webライティング

Webライターが「書いた文章を読み返す」際のチェックポイント

「書いた記事は読み返そう」とは聞くものの、どうやっていいのか分からずなんとなくやっている方へ。
Webライティング

刺さる記事を書くための第一歩は「読者の気持ちを考える」じゃない

Webライターは読者の共感を呼ぶ記事を書くことが重要。ではそのためにまずは何を考えればよいでしょうか。
Webライター向け読み物

文章を切り取られても誤解を生まない、Webライターの世渡り術

文章を書くWebライターにおいて、誤解を与える可能性のある文章は好ましくありません。どうすれば、相手に伝えられるのか、一文の大事さをテーマに考えてみました。
2021.08.12
Webライティング

Webライターが記事を書く前に考えたい検索意図。ヒントは天気予報

検索意図を考えようとはよく聞くものの、実際のところどういうことなのかよく分かっていないという方に向けたヒント。
2021.08.12
Webライターの心構え

Webライターの初稿は「100点じゃなくて60点でOK」なのか

「時間をかけて100点を目指すよりも、まずは60点で提出しよう」という言葉を自分の都合のよいように解釈していませんか?
2021.10.13
Webライティング

Webライターのわたしが持つ文章へのささやかな意地とこだわり

誰にでも小さなこだわりがあるもの。この記事ではわたしのライティングへのこだわりを紹介しています。
2021.08.12
Webライターの心構え

Webライターの第一歩「伝えたいことが伝わって嬉しい」を目指す

伝えたいことが文章で伝えられれば嬉しい。相手のためになったならもっと嬉しい。自分が嬉しくなる文章を書こう。
2021.08.12
タイトルとURLをコピーしました