なにもできない日は、なにもしない。

ナカシマユウタ
ナカシマユウタ
ナカシマユウタ

なにもできない。いや、なにもしたくない。

ウェイブ
ウェイブ

めずらしくネガティブですね。

まいにち忙しく働くぼくたちは、ときにこんな気持ちに襲われる日があります。
もちろん専業主婦の方や、学生の方だっておなじ。

生きているあいだ、ずっと全力で進んでいられたら良いのかもしれないのだけれど、
実際にはそうもいかないのがほんとうのところ。

「夢を語ろう。実現しよう。」をモットーに行動しているぼくにだって、そんな日はあります。

だからこそ、「なにもできない日は、なにもしない」
そんな日があったっていいじゃないかというおはなし。

急になにも手につかない日。

目の前の目標やタスクを処理することに心を燃やし、人一倍動いている。
そしてそんな自分が好きで、忙しいことに充実感を覚えている。
必死に動き回って、成果をあげる。

こんなまいにちを送っていたのに、朝起きるとふと芽生えた感情に気づく。

「なんにもしたくない」

昨日までとは打って変わって、なにも手につかない。
なにもしたくないし、なにもできない。

こころを奮い立たせようにも、気が抜けてしまう。
なんとか立ち上がっても、すぐにぼーっとしてしまう。

こういうときって、必ずきます。
「そんなときには、しっかり休もう」なんて声も聞こえてきますが、
そんな簡単には休めないのが本音ですよね。

仕事での役割、家庭での役割、親としての役割、パートナーとしての役割…
ぼくたちは生きている限り、役割にしばられています。
だから簡単には休めない。

とはいえ、なにもやる気が起きない。
それが問題です。

なにもできない日は、なにもしない。

じゃあそんな問題に対して、どうするかですよね。
ぼくは、「なにもしない」ことを推奨します。

ウェイブ
ウェイブ

えっ?でも役割の話してたじゃんか。

そう。
ぼくたちには「役割」がある。
でもその役割は、まいにち全力でやらなくてもいいんです。

まいにち全力が理想だとしても、それは理想。
だからその通りにならなくてもいいんです。
役割はきっと自分ひとりのものじゃないから。

会社だったら、同僚が助けてくれます。
家庭だったら、家族が助けてくれます。
そうやって誰かが役割を代わってくれる。

だから自分ひとりで抱え込まないで、役割から逃げてもいいんです。
すこし休んだら、また役割にもどる。
そんなやり方で、ぼくはいいと思っています。

ぼくはぼく、あなたはあなた。

とはいえ、これは「あなたの代わりはどこにでもいる」という話ではありません。
会社で働いていると、そんな声をかけられるときがあります。

退職の際だったり、休みを取るときだったり。
それは嫌味で言っているときもあれば、単にやさしさから「気にしなくていいんだよ」と言ってくれているときもあるでしょう。

ただ、どちらにしても危険なのは「自分の代わりはどこにでもいる。じゃあ別に自分はいらないんだ」と思ってしまうこと。
これは大きなまちがいです。

あなたの代わりはあくまでも、あなたの代わり。
それはあなたの代わりなだけであって、決してあなたではない。
同じことをやっていたって、まったく同じにはなりません。

あなたの役割ができるのは、あなただけですから。
だから自分を下げずに、上手に休んでほしいと思っています。

なにもできなくてもいい。できるようになったら、また始めよう。

なにもできない日は、なにもしなくていい。
だからなにもできない日には、なにもせずただそこにいてください。

それだけで安心したり、救われる人もいます。
あなたがほんとうにつぶれてしまったり、いなくなってしまったら、もっとかなしむ人やもっと困る人がいます。

だからなにもできない日は、なにもしないでおこう。
ゆっくり休んで、またできるようになったら、また始めよう。

それまでは、ただゆったりと。

Wave on waves.

疲れたら海を見に行こう。

404 NOT FOUND | Writer Avengers
ライター業界にあらたな波を起こす。ライターのためのサイト。

コメント

タイトルとURLをコピーしました